キャンパスブログ

 >  > 11/18 (財)日本フィルハーモニー交響楽団によるミニ演奏会が行われました

2010年11月19日 17:15

11/18 (財)日本フィルハーモニー交響楽団によるミニ演奏会が行われました

(財)日本フィルハーモニー交響楽団(以下、日本フィル)のメンバーによるミニ演奏会が、
当学院の学生ラウンジで行われました。

学院に隣接する福岡山王病院の患者さん・スタッフ、
総合ケアセンターももち(福祉施設)の利用者の方・スタッフ、
当学院の学生、など
約100名が演奏会に集まりました。

写真は、本日来校された日本フィルの皆さんです↓
IMG_2057_1.jpg


普段は学生たちの憩いの場であるラウンジが、
小春日和の午後のひと時、小さなコンサート会場に♪
IMG_2059_2.jpg


今日演奏していただいたのは、次の楽曲です。
   ・「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 (モーツァルト)
   ・弦楽四重奏曲第11番 「セリオーソ」 (ベートーベン)
   ・「五木の子守唄」
   ・沖縄民謡
   ・「小さい秋見つけた」
   ・「となりのトトロ」
   ・「赤とんぼ」
   ・「川の流れのように」(美空ひばり)
   ・「青い山脈」
   ・「ふるさと」(文部省歌)


1時間という短い時間でしたが、
弦楽四重奏(※)による、クラシック 、童謡、歌謡曲、そしてアニメと、
幅広いジャンルの曲を楽しむことが出来ました。

  ※【弦楽四重奏とは】
   主に2本のバイオリン、1本ずつのヴィオラとチェロによって構成され、
   四者が協調して一つの響きを作ります。

沖縄民謡の演奏では、
バイオリン・ヴィオラ・チェロすべての奏者が、弓を使わずに
“指”で弦を弾き、ぬくもりある音を奏でているのが印象的でした。
IMG_2065_3.jpg


また、童謡や歌謡曲など懐かしい曲では、
演奏を聴きながら涙をぬぐう年輩の方や
曲に合わせて手を振り付け、嬉しそうに口ずさんでいる方も見られました。


演奏者の方から「皆で一緒に歌いましょう」と声がかかり、
最後の曲「ふるさと」では、演奏に合わせてみんなで合唱。
ラウンジ中に温かい歌声が響きました。
IMG_2070_4.jpg


普段は見ることの出来ない、プロによる生のクラシック演奏を
とても間近で見ることができ感動しました。

また、病院や福祉施設の皆さん、そして学生も一緒になって
楽しい時間を過ごしていただけたようです。


日本フィルの皆さん、今日は素敵な演奏会をありがとうございました。

日本フィルは、2011年2月12日(土)には、アクロス福岡にて
第36回の九州公演を予定されています。

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ