キャンパスブログ

 >  > 理学療法学科2年生「物理療法学実習」に行ってきました!

2011年9月28日 19:42

理学療法学科2年生「物理療法学実習」に行ってきました!

理学療法学科では、2年生の前期に物理療法学という科目を学びます。
物理療法は、熱・水・電磁波・電気・光・機械などの物理的エネルギーを治療のツールとして、それを
主に痛みのある部位に作用させて、その軽減・改善を図ろうというものです。
授業では、温熱療法、牽引療法、電気刺激療法など、その効果や治療方法を学びます。
そして、最終的に実際の臨床の患者様でそれを経験させてもらうために、学外の病院へ・・・
今年も7月27日から、一人3日間の臨床実習に行ってきました。

*実習出発直前、みんなで実技の練習を遅くまで頑張っている様子です。
201192701.jpg  
疼痛軽減を目的に気持ちのいい程度の電流を使っての電気刺激療法です
201192702.jpg
患者さまとコミュニケーションをとりながら、痛みの部位に導子を正しく取り付けます。
201192703.jpg  
これは腰椎牽引の準備をしているところです。骨盤にベルトを取り付けているところですが、これが意外に難しいのです。
201192704.jpg  
でも、上手く取り付けてもらえるとしっかり締めても苦しくはありません。
201192705.jpg  
気持ちが良くてリラックスできたらこんな表情になります。

*学外実習終了後、それぞれどんな実習地で、どんな経験ができたかを報告するセミナーの様子です。
このセミナーは、自分の経験を他の人に報告したり、逆にクラスメイトの経験をたくさん聞くことが
目的です。
201192706.jpg  
実習を終えて久しぶりに学院に戻り、元気にクラスメイトと会えてホッとしている様子です。
201192707.jpg  201192711.jpg  201192708.jpg

セミナーの最初は、事故もなく無事に実習を終えたことに感謝しながら‶お疲れさまぁ~!
ジュースで乾杯です。それから6人くらいのグループになって、ひとりずつ自分の実習の経験を詳しくグループの人達に報告しました。

最後に、各グループで報告された内容を発表してもらい、自分がいたグループ以外の人の経験もみんなで共有しました。
201192712.jpg
実習先の先生から質問をされて緊張してうまく答えられなかったり、患者様との会話がなかなか続かなかったりしたけれど、それでも、「ありがとう! これからも勉強頑張ってね!」と、反対に患者様から声をかけていただいたことがとてもうれしかったと、実習でお世話になった方々への感謝の気持ちにあふれたセミナーでした。
こうして今年も前期が終わり、短い夏休みを過ごして、2年生は最終学年まであと半年になりました。

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ