キャンパスブログ

 >  > 作業療法学科2年生が「自助具」を作成しました!オープンキャンパスでは実物をCHE

2012年12月10日 08:50

作業療法学科2年生が「自助具」を作成しました!オープンキャンパスでは実物をCHECK!

作業療法学科では、2年次に「自助具・福祉機器適応学」という授業の中で「自助具」を作成します。自助具とは、病気やケガなどにより日常生活において困難を来している動作を、自分自身で容易に行えるように補助し、日常生活をより快適に送るために工夫された道具です。

 この写真は自助具の1つです。
半身がマヒし、食物を固定できない場合に用いる自助具です。まな板に付いている釘に食物を固定することで片手でも食物を切ることができます(既製品)。
①.jpg


当学院では、出来るだけ既製品として売られていないものを作成するようにしております。

ここからは、実際に学生が作成した自助具を紹介させて頂きます。既製品ではなく、学生オリジナルの作品ばかりです。

これは、片手でもピアスを装着できるように工夫した自助具です。半身にマヒがあってもオシャレを楽しんで頂きたいという思いから作成しました。
fukuokaotblog120502.jpg
fukuokaotblog120503.jpg
※「ピアスエイド」と名付けました!

次は、片手でも簡単にラップをかけられるように工夫した自助具です。土台に滑り止めシートを用いたことがポイントで、コンパクトに収納できます。
fukuokaotblog120504.jpg
fukuokaotblog120505.jpg

これは何か分かりますか?
fukuokaotblog120506.jpg

最近の携帯電話と言えば…「スマホ」ですよね。
本体にストラップ付きのバンドを取り付けることで片手での把持動作を容易にしました。また、画面が大きいスマホには「親指くん」が大活躍!これを装着することで高齢の方でも画面の隅々まで操作できます。ちなみに親指くんの黒い鼻は「タッチペン」で作っております。
fukuokaotblog120507.jpg

これは「スタンバイOK★本立てくん+指サック2号」です!
片手でも本が読めるように工夫した自助具で、本の厚みに合わせて土台をスライドさせることができます。指サックを装着することでページ捲りがとても楽になります。材料費は500円でした。
fukuokaotblog120508.jpg
fukuokaotblog120509.jpg

次の自助具は関節リュウマチなど、関節の動きに制限がある方用に作られた自助具です。白い部分は熱を加えると軟らかくなる樹脂で出来ており、必要な角度に曲げることができます。
fukuokaotblog120510.jpg
fukuokaotblog120511.jpg

最後は「ファスナー★アゲレンジャー」です!
ファスナー上げは両手で行う動作なので、半身マヒになるとファスナーを上げる動作が困難になります。そんな時に活躍するのがこの自助具。見た目以上に手の込んだ自助具で、実用性の高い仕上がりになっておりました。これからの寒い季節には本当に役立つ自助具になるかも!?
fukuokaotblog120512.jpg
fukuokaotblog120513.jpg

以上、簡単ではありましたが今年作成した自助具を紹介させて頂きました。
これらの自助具は今後オープンキャンパス(作業療法学科)で展示する予定にしております。実際に触ってみることもできますので興味のある方は是非、作業療法学科のオープンキャンパスにお越し下さい。学生共々お待ちしております。

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ