キャンパスブログ

 >  > 4/20 5学科連携ワークショップを実施(意見発表・質疑応答編)

2013年4月26日 10:16

4/20 5学科連携ワークショップを実施(意見発表・質疑応答編)

4/6に行った、5学科連携ワークショップの後編です。(前編はコチラ

ポスター発表は、4会場に分かれて実施されました。発表テーマは「独居高齢者の孤独・孤立」「認知症」「遺伝子診断」「情報の取り扱いの多様化」「医療・福祉・介護」の5つです。それぞれのテーマに対して、7分間の意見発表、3分間の質疑応答が持ち時間です。   
この日はあいにくの雨模様で少し肌寒いお天気でしたが、各グループの発表者の熱気と、聴講する学生の真剣な眼差しは、発表会場全体を熱く包み込んでいました。
グループ発表は、司会とタイムキーパー、発表者などの役割分担を決めて登壇します。
fukuokablog042601.jpg
発表者は、グループの話し合いの経過や、導き出した結論を会場で伝えます。

fukuokablog042602.jpg
それぞれに、工夫されたポスターを使い、テーマに沿っていかに考えをアピールできるかも問われます。

fukuokablog042603.jpg
各グループの意見発表、質疑応答を受けて、テーマに関する教員からの講評コメントの補足などもありました。

fukuokablog042604.jpg
こちらのグループは、電子カルテとスマホの関わりについて、メリットと、デメリットをいかに改善していくべきかについて、自分達の言葉で発表していました。

fukuokablog042605.jpg
ポスター制作から発表まで2週間の期間がありましたので、内容も練られていて、
自信を持って発表できたようです。

fukuokablog042607.jpg
他のグループの発表を聞いている姿勢にも、学生の真剣さが伝わってきます。
fukuokablog042606.jpg
テーマに対して、看護学科、リハビリ学科のそれぞれの立場からの意見を集約してまとめ上げていますが、どのグループにも共通なのは、患者さんの立場に立った視点で考えられていることでした。

fukuokablog042608.jpg
教員からの違った切り口の質問にも、発表者はグループでまとめた考えを、きちんと分かり易い表現で伝えていました。

fukuokablog042609.jpg
意見発表の終了後、ボードはすべて学生ラウンジに展示されています。
今回参加していない1年生、3年生も含めて、学校全体で5学科連携ワークへの取り組みが広まることを目的としています。
本学院では、今後も学科の枠を越えた授業への取り組みにより一層力を入れていきます。

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ