キャンパスブログ

 >  > 7/9 理学療法学科「小児理学療法学」①

2014年7月26日 09:30

7/9 理学療法学科「小児理学療法学」①

こんにちは。今日は理学療法学科のご紹介です。
4年前より授業で来ていただいている“島田つくみ”さんに今年も来ていただきました!
過去のブログを見てくださった方は覚えていただいているかもしれませんが、島田さんは出生時から身体に障がいが出る脳性麻痺という病気をお持ちです。
現在は“障がい者モデル”として、当学院のような、医療分野の勉強をしているたまごさんたちのモデルや、ヘルパーさんなどの福祉分野に関わる方々のモデルをお仕事にされています。

学生は、事前に3時間かけて島田さんの動作や身体機能面についてグループワークを行いました。
課題は、①移乗動作(車いす⇒ベッド間の乗り移り)、②移乗動作(ベッド⇒車いすの乗り移り)、③食事動作、④ベッド上座位⇒仰向け、の4動作です。
手足を自分の思うように動かせない中で、どのように上記4つの動作を行っているのかを話し合い、“こうかな?”“ああかな?”と想像を膨らませて当日を迎えました。

島田さんはとても明るい方で、満面の笑顔で、教室に入ってきてくださいました(*^_^*)
緊張していた学生もその笑顔に安心したようです。
今年は、島田さんが学生へのメッセージを用紙4枚分も書いてきてくださいました。
まずはそのメッセージの紹介です。
いつになくとても真剣な表情で学生は聞き入っていました。

そして!一つ目の課題が始まりました。
まずは、学生の自己紹介と、今からどんな動作を行うのかのオリエンテーションから始まります。
fukuokaptblog2014072301.jpg

次に、車いすからベッドへの乗り移りの介助。
学生は、どこを介助したら一番乗り移りを行いやすいかを考えて介助しますが、なかなか思うようにいきません。
でもこうして学生の時期から実際の体験をさせてもらえるのはとても貴重です☆彡
fukuokaptblog2014072302.jpg

乗り移りを行うためには、やはり脚の筋力が必要だ!ということで、股関節、膝関節、足関節の筋力を測定します。
どこに抵抗をかけたらよいか?!これも学生は事前に勉強しています。
fukuokaptblog2014072303.jpgfukuokaptblog2014072304.jpg
fukuokaptblog2014072305.jpg
島田さんは、立つときにしっかりと股関節と膝関節を伸ばすことが難しいため、膝裏の筋肉の硬さを検査しています。
fukuokaptblog2014072306.jpg

仰向けで検査が終了したら今度は起き上がりです。
“今から起き上がりますね。”“足に手を入れますね”など、学生は上手に細目に声かけをしながら身体を触っています。こうした少しの声掛けが患者さんを安心させます。
fukuokaptblog2014072307.jpg

次に握力測定です。乗り移りの際や立ち上がりの際など、脚の力を補うために手すりを持ったりと、手の力も必要です。さあ何㎏でしょうか?
fukuokaptblog2014072308.jpg
右がおよそ10㎏、左が5.0㎏でした!

~ここで少しブレイクタイム~
とっても素敵な表情ですね。
fukuokaptblog2014072309.jpg

②に続きます♪

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ