キャンパスブログ

 >  > 7/9 理学療法学科「小児理学療法学」②

2014年7月26日 09:30

7/9 理学療法学科「小児理学療法学」②

理学療法学科「小児理学療法学」①の続きです(^^)

さあ。ここから食事動作です。
手にも不自由がある島田さんがどのように普段食事をされているのでしょうか?
学生は普通の箸、スプーン、フォークと別に、介助箸、持ち手が太くなったスプーンなどを準備していました
。学生は、通常の道具を使うのは難しいのではないか?と予想しています。
さて、どうでしょうか?
fukuokaptblog2014072310.jpgfukuokaptblog2014072311.jpg
fukuokaptblog2014072312.jpg

島田さんは、いつも普通の箸を使って食事をされていました!
人差し指と中指の間で箸をコントロールしてうまく食べ物を挟みます。
学生も自分たちの予想と違って、興味深く観察しています(*^_^*)

食事と言えば飲み物もあります。
ペットボトルのキャップは開けられるのでしょうか?
今回は、キャップの太いペットボトルを準備しました。
fukuokaptblog2014072313.jpg

膝の間にペットボトルを挟んで固定し、人差し指と中指でキャップを開けることができました!
今回は、太めのキャップでしたが細いものでも開けられるそうです♪

事前授業では、脳性麻痺で手足が不自由という情報から、島田さんの動作能力や身体能力を想像していましたが、みんなが思っている以上にできることが多いことがわかりました。
患者さんの残存能力は十分に発揮していただき、できない部分をできるようにサポートしていくことは、理学療法士として大切な視点です。
それには、予め患者さんの能力を予測する力(想像力)が大切になります。
今回、こうして実際に障がいをお持ちの島田さんに来ていただくことで、そういった能力が必要であることを感じ、想像力を養う一歩を踏み出せたのではないでしょうか。
こういった経験は、通常は臨床現場でしかできません。
今回のこの貴重な体験を大切にし、これからまた学業に励み、さらには実習、そして臨床に出た後も生かしていってほしいと思います。

島田さん、お越しいただきありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いいたします。

学生のみんな、事前準備から当日までよく頑張りました。
教員としてみんなの頑張りは嬉しく思います。これからも一緒にがんばりましょう!

最後に、集合写真!
fukuokaptblog2014072314.jpgfukuokaptblog2014072315.jpg

~おまけ~
授業終わって、実技をたくさんして乱れてしまった島田さんの髪を、学生が綺麗に整えてくれています♪
こういった優しい気持ちを持っている学生が多くて嬉しいです。
fukuokaptblog2014072316.jpg

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ