キャンパスブログ

 >  > 理学療法学科教員が言語聴覚学科で講義をしました

2014年10月 8日 09:42

理学療法学科教員が言語聴覚学科で講義をしました

こんにちは。
今日は、理学療法学科の教員によるレポートです。
通常、講義は自分の学科の学生に行いますが、今回は言語聴覚学科の学生に対して講義を行いました。

理学療法学科の授業の一つに、基本動作(寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行)や、車いす⇔ベッド間の乗り移りなどの介助方法の実技を行う時間があります。
ついつい力任せにやってしまいがちですが、介助する側の腰を傷めないようにコツがあります!
言語聴覚学科の学生さんも現場に出たら患者さんを介助する場面が出てくるため、その実技練習を行いました。

最初に解剖学や運動学の講義で全身の身体の仕組みを理解します。
また、介助に必要な力学的ポイントを伝えていきます。

そして、実技練習!
車椅子⇒ベッド、ベッド⇒車椅子の乗り移りの介助方法を練習します。
まずは、学生さんをモデルにデモンストレーションをします。
みなさん真剣に聞いてくれています。
fukuokaptblog2014100702.jpgfukuokaptblog2014100703.jpg
さあ。実際に学生同士でやってみましょう!
fukuokaptblog2014100704.jpgfukuokaptblog2014100705.jpg

次は、車いす操作です。
初めて車椅子に乗る人、初めて車椅子での介助をする人ばかりです。
車椅子の介助方法だけでなく、実際に乗ることで患者さんの気持ちを経験します。


階段や坂道では、「こわい~」という声が聞こえてきます。
fukuokaptblog2014100706.jpgfukuokaptblog2014100707.jpg

最後は、2人介助の方法です。
1人では介助が難しい場合に、複数人での介助も行います。
どこを介助してもらったら安心か?患者さん役の学生が介助者役の学生にフィードバックしています。
fukuokaptblog2014100708.jpg

今回は、他学科の学生さんへの講義でしたが、みなさんとても真剣に興味深く聞いてくれたので、とても楽しく講義を行うことができました。
こうして学科を超えて授業ができるのも、5学科あるこの学院の特色です。

リハビリテーションもチームアプローチが大切になります。
学生のうちからこうして他職種のことを学ぶ機会は貴重です☆

言語聴覚学科の学生さんが現場に出たときに役立てられると嬉しいですね。

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ