キャンパスブログ

 >  > 視機能療法学科教員紹介第4弾‼(潮井川修一先生)

2014年12月16日 12:12

視機能療法学科教員紹介第4弾‼(潮井川修一先生)

視機能療法学科 潮井川修一先生

●視能訓練士を目指したきっかけは?
学生の頃、コンタクトレンズの定期健診で「網膜剥離(モウマクハクリ)になりかけています。網膜裂孔(モウマクレッコウ)が原因です。」と言われ、レーザー治療(網膜光凝固術)を受けたことがきっかけです。
当時はインターネットなどが普及していませんでしたから、事前に情報を集めることができず、「ほんとに治療が必要?自覚症状は全くないのに!」という疑念が生まれる一方で「失明するのか?」という不安もありました。
しかし、眼底検査と病気の説明を担当してくれた視能訓練士(この時は分からなかったのですが・・)の方が、とても丁寧に、分かりやすく説明してくれたので、不安は解消されました。その後、眼の病気に興味を持つようになり、視能訓練士を目指しました。
レーザー治療は予想以上に痛かったですが、おかげ様で現在の経過は良好です。


●授業で意識していることは?
授業では、丸暗記に頼らない学習方法や考え方を紹介するなど、理解度が高まるような工夫をしています。理解ができれば勉強の楽しさがもっと伝わると思っているからです。


●担当科目(H26年度)
1年生:情報処理、2年生:視能検査学Ⅱ、3年生:視能矯正学研究法Ⅱなど

今年度は3年生の担任として、国家試験対策の講義、模擬試験を担当しています。国家試験の傾向を徹底的に分析し、予想問題を作成しています。

fukuokaortblog2014121301.jpg
(視機能療法学科3年生と)

●趣味・特技
休日は、家族(強引に誘っています!)と近所の海で魚釣りなどをして過ごしています。道具が欲しくなって、ついつい買ってしまい家計を圧迫していますが・・。
fukuokaortblog2014121302.jpg
↑近所の子供を誘って。
fukuokaortblog2014121303.jpg
↑先日、良い型のアジでした。
fukuokaortblog2014121304.jpg
↑いつかはこんな感じでマダイを。(夢)


●受験生にひと言

視能訓練士はとても専門性の高い職業だと思います。眼科で働きたいな~と思っている人にはピッタリの資格です。受験生のみなさん、一緒に勉強しませんか?


福岡でリハビリと看護を学ぶ 福岡国際医療福祉学院
(作業療法士 理学療法士 視能訓練士 看護師 言語聴覚士 養成校)

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ