キャンパスブログ

 >  > 視機能療法学科教員紹介第5弾‼(松藤 佳名子先生)

2014年12月24日 09:00

視機能療法学科教員紹介第5弾‼(松藤 佳名子先生)

こんにちは、学科長の松藤です。
今回が視機能療法学科教員紹介ブログの最終回です。
早速、質問に答えていきたいと思います。
fukuokaortbolg2014122304.jpg
↑川崎重工資料館にて
●臨床経験は?
15年間です。臨床の大半を大学病院に勤めましたので、多くの症例、珍しい症例にも出会うことができ、今ではその経験が授業に活かせていると思います。
●教員経験は?
開校2年目に学院に入職しました。教職に就いて10年以上となり、今では、どの教員よりも長くいる古株的な存在です。
●どうして視能訓練士になろうと思ったのですか?
大学4年生のときに視能訓練士を知りました。当時から、これからは女性も一生仕事を続ける時代だと思っていた私には、国家資格であること、有資格者が少ないこと、専門性が高いことがとても魅力的に感じられました。あれから随分経ちましたが、この間、バブル崩壊、デフレ、リーマンショックなど色々なことがあり、改めて国家資格の強みを実感しています。
●どんな時に教職にやりがいを感じますか?
学会場で卒業生に再会したときです。卒業の時にいつも、視能訓練士は“一生が勉強よ”と話しますが、それを実践してくれているんだなと思って嬉しくなってきます。
fukuokaortbolg2014122302.jpg
↑先月の視能矯正学会(京都)にて
3人は今春の卒業生で、九州の大学病院、総合病院、関西の大学病院に勤務しています
●プライベートは?
「スポーツなんてしなさそう」とよく言われますが、実は体を動かすことが大好きです。今の目標はアクアスロン!1年前からスイミングに通っていますし、ウエットスーツも用意しました。
fukuokaortbolg2014122305.jpg
↑ジャーン♪  あとは決心するだけです・・・
●受験生に一言お願いします。
学習環境が整っている、ここ百道浜で、視能訓練士を目指して3年間を共に頑張っていきましょう!! 


福岡でリハビリと看護を学ぶ 福岡国際医療福祉学院
(作業療法士・理学療法士・視能訓練士・看護師・言語聴覚士 養成校)

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ