キャンパスブログ

 >  > 看護学科2年生 救命講習が行われました

2015年12月25日 14:54

看護学科2年生 救命講習が行われました

12月3日、看護学科2年生の臨床看護総論の授業の一貫で、救命講習会が開かれました。
「福岡応急手当普及の会」のBLS(Basic Life Support 一次救命処置)インストラクターの資格保持者10名を講師にお迎えしました。学生4人に対し1人のインストラクターの方について頂き、しっかりと手厚いご指導を受けることができました。

講義を受けたあと、胸骨圧迫(いわゆる心臓マッサージ)や人工呼吸の手技を演習しました。胸骨圧迫には、想像以上にかなりの体力を使います。加えて、初めての手技で必死に実施するため余分な力も入り、「疲れたー」「腕が痛いー」「時間まだー」と言った声が飛び交いながらも、真剣に演習していました。
kyukyu008.jpg kyukyu012.jpg
倒れている人(意識が無い人)を発見した場合、まず、安全確保、意識・呼吸の確認、直ちに胸部圧迫、そして、人工呼吸・・・と、一連の動きをスピーディーに行う演習では、時間を測定し、緊迫した雰囲気の中での実施でした。
kyukyu020.jpg
最後に、救命では初期対応の重要性と「誰かを助けたいという優しい気持ち、そして、一歩踏み出す勇気が大切」と教えていただき、講習終了者全員にこのような修了証を頂きました。
kyukyu003.jpg
終了後、学生からも「時間をかけて丁寧に教えて頂き、たくさんの手技が演習できた」「講義での解剖と実技を結びつけて理解することができた」「以前、電車で倒れている人を見ても何もできなかったが、今後は勇気を持って行動できると思う」などの声が聞かれ、医療従事者としての意識を高めるよい機会にもなったと思います。

救命の基本を勉強することで、1月からの領域実習に向けて更に身が引き締まったことでしょう。これからも学習を続け、実習でももちろん日常でも、優しい気持ちと勇気をもって行動していきましょう!!
kyukyu024.jpg

本学院では、個別学院見学を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

【資料請求のご希望の方】
資料請求申込はこちら

個別学院見学随時受付中!】 
TEL:0120-05-5931(8:30-18:00※但し日・祝を除く)

 福岡でリハビリと看護を学ぶ 福岡国際医療福祉学院
(作業療法士・理学療法士・視能訓練士・看護師・言語聴覚士 養成校)

最新のキャンパスブログ一覧

2016/03/22
言語聴覚学科 1年生の模擬症例発表会
2016/03/16
ガーデニングサークル笑顔の~祝卒業生解散式~
2016/03/10
視機能療法学科 卒業証書授与式
2016/03/09
卒業式準備 視機能療法学科
2016/03/03
第46回視能訓練士国家試験2(大阪編)
2016/02/27
第46回視能訓練士国家試験1(出発編)
2016/02/26
視機能療法学科 入学前教育第2弾!!
2016/02/22
視機能療法学科 2年生 保護者参加型実習開催!!
2016/02/16
理学療法学科2年生 卒業生による実技指導
2016/02/03
視機能療法学科 入学前教育 第1弾

>> もっと見る

アーカイブ