教育理念・沿革

 >  >  教育理念・沿革

教育理念・沿革

教育理念

医療専門職に求められる知識・技能の教授、職業倫理の啓発、豊かな感性の涵養(かんよう)を通して、優れた資質と人間性をもって社会に貢献し得る人材を育成する。


教育目的

わが国の医療・福祉の世界は、少子高齢社会を背景とし、医療技術の進歩、医療提供の場の多様化など、大きく変わりつつあり、これに伴い各医療専門職の役割分担、協働によるチーム医療の重要性が高まっている。
本学院はこのような社会の要請に応えるべく、より高度かつ専門的な知識および技術を持ち、あわせて、豊かな人間的資質と感性を有する医療従事者の育成を目的として、平成13(2001)年4月に開校となった。


教育方針

  • 専門的知識および技術を生涯に亘って探究する主体性を持った人材を育成する。
  • 職業人として高い倫理観を持った人材を育成する。
  • 医療と社会福祉の増進に進んで貢献する意欲を持った人材を育成する。
  • チーム医療において関連職種と協働できる人材を育成する。

沿革

2001(平成13)年4月
厚生労働省より理学療法士40名・作業療法士40名・言語聴覚士40名・視能訓練士40名の養成施設として指定を受ける。第一回入学式を挙行。
2003(平成15)年3月
第一回卒業式を挙行(言語聴覚学科第一期生)。
           4月
厚生労働省より理学療法士(夜間課程)40名・作業療法士(夜間課程)40名の養成施設として指定を受ける。
2004(平成16)年3月
第二回卒業式を挙行(理学療法学科第一期生、作業療法学科第一期生、視機能療法学科第一期生、言語聴覚学科第二期生)。
2007(平成19)年1月
福岡市早良区のシーサイドももちの新キャンパス工事起工式実施。
2008(平成20)年4月
福岡市早良区に新キャンパス開設。
看護学科開設。
2009(平成21)年5月
隣接して福岡山王病院が開院。
2011(平成23)年6月
創立10周年記念シンポジウムを実施。