作業療法学科

 >  >  作業療法学科

作業療法学科

作業療法士とは

作業療法学科授業風景1作業療法とは、体や心に障害をもった方たちが、社会の中で自立した生活ができるように援助するリハビリテーションの一分野です。理学療法が基本的な機能の回復を援助するのに対して、作業療法は日常生活の応用動作や創作的な活動、余暇活動、職業的な活動などを用いて幅広い支援を行っていきます。その活動の分野は、病院や身体障害者施設、発達障害に関係する施設(小児分野)、介護老人保健施設、精神科の病院および地域での生活支援(デイケア施設)など医療福祉の幅広い領域に広がっています。

▲Top

国家試験合格率

国家試験合格率

▲Top

学科の特長

アットホームに楽しく技術を学ぶ

心と身体に障がいを抱えた子どもからお年寄りに対し、有意義な社会生活を送れるよう支援ができる、人間性豊かな人材育成を目指しています。教員との信頼関係を大切にしながら、学生自身が自主的に学習に取り組めるよう援助します。またグループ活動を通して、自身で感じたことを整理し表現する力を養っていきます。さらに、隣接する福岡山王病院と連携し、作業療法士の役割を日常的に体験できる機会を多く設けています。
国家試験合格を目標に早期から対策を実施しています。万全なサポート体制でプロフェッショナルを目指しましょう。

世界作業療法士連盟 認定校

▲Top

年間スケジュール

スケジュール

▲Top

カリキュラム

基礎分野
心理学、コミュニケーション論Ⅰ・Ⅱ、ボランティア論、生物学、保健医療統計学、医学英語、健康科学
専門基礎分野
解剖学Ⅰ・Ⅱ、機能解剖学、生理学、運動機能学Ⅰ・Ⅱ、人間発達学、病理学、臨床心理学概論、公衆衛生学、内科学、整形外科学Ⅰ・Ⅱ、神経内科学Ⅰ・Ⅱ、精神医学Ⅰ・Ⅱ、小児科学、老年学、リハビリテーション概論、医療関連法規、関連職種連携演習
専門分野
作業療法概論、作業工程技術学基礎論・応用論、研究法演習、作業療法評価学概論、作業療法評価学各論Ⅰ・Ⅱ、作業分析学、中枢神経疾患作業療法学Ⅰ・Ⅱ、運動器疾患作業療法学、内科系疾患作業療法学、精神障害作業療法学Ⅰ・Ⅱ、発達障害作業療法学Ⅰ・Ⅱ、老年期障害作業療法学、認知障害作業療法学、義肢・装具学Ⅰ・Ⅱ、装具・副子適用論、自助具・福祉機器適用論、生活技術学Ⅰ・Ⅱ、職業関連技術学、作業療法適応学概論Ⅰ・Ⅱ、作業療法適応学特論Ⅰ・Ⅱ、作業療法適応学応用論Ⅰ・Ⅱ、地域生活作業療法論、地域生活支援演習、住環境整備論、評価実習、臨床実習

学習の流れ

1年次

1年次は、医療専門職の知識と技術のベースとなる「基礎科目」と「専門基礎科目」を中心に学習します。「基礎科目」は、心理学やコミュニケーション論、ボランティア論などの人間性を高める科目を学習します。「専門基礎科目」と「専門科目」は、解剖学や生理学、運動学などの医療的な学問の基礎と、作業療法概論や作業工程技術などの専門的基礎を学習します。

2年次

リハビリテーションのスペシャリスト(作業療法士)になるため、各領域における専門的な知識と技術を学習します。これらの学習を通して、人間的にも社会的にも大きく成長することができます。

3年次

さあ、いよいよ実践的な学習過程(臨床実習)です。3年次の前半は臨床実習がほとんどで、指導者の下、作業療法の実践を経験します。実習終了後の後半は、国家試験合格に向けて学習の強化を行います。

▲Top

国家試験に向けての取り組み

1年次・2年次

1年次は入学と同時に国家試験に対する意識付けを行い、専門基礎科目(解剖学・生理学・運動学)を中心に学習していきます。2年次では、過去の国家試験問題を中心に解き、さらに知識を深めていきます。
また、学年末には最終学年と一緒に国家試験の全国模擬試験を受験し、学生個々の実力を確認していきます。

3年次

学科作成および業者による模擬試験を頻回に実施します。さらに、国家試験対策の集中講義や専門学校柳川リハビリテーション学院と合同で国家試験対策合宿を行います。学生個々の弱点補強を全教員でサポートし、国家試験合格を目指し全力で取り組みます。

作業療法学科授業風景2

作業療法学科授業風景3

▲Top

卒業生の声

作業療法士
既卒者
作業療法士になるまで
  • 短期大学卒業
  • 一般企業へ勤務、退職
  • 福岡国際医療福祉学院 作業療法学科入学、卒業
  • 作業療法士として、社会医療法人財団白十字会 白十字病院勤務

父が脳出血で片麻痺となり、これまで当たり前に家族と笑顔で過ごしていた生活が一変、それを受け入れることの大変さが資格取得へのきっかけとなりました。 既卒者作業療法士は大変重要な役割を果たしていることを知りました。

クラスの半分は社会人経験者で、お互い切磋琢磨しながら勉強しました。

人間の生活は、様々な “作業” の連続です。その作業を仕事にでき、誇りに思います。患者さんやご家族から「ありがとう」と言われることは、本当に喜びです。これからも心身共に患者さんに寄り添い、想いをくみ取りながらリハビリテーションを提供したいと思います。

▲Top

就職実績&データ

就職率 (新卒のみ)

平成13年開校以来、就職希望者の就職率は100

卒業生の主な就職先

【福岡県】
医療法人社団高邦会 柳川リハビリテーション病院、医療法人相和会 中村病院、医療法人 丸山循環器科内科医院、医療法人 西福岡病院、医療法人せいわ会 聖和記念病院、医療法人輝栄会 福岡輝栄会病院、医療法人社団筑水会 筑水会病院、医療法人社団飯盛会 倉光病院、医療法人社団堀川会 堀川病院、医療法人洗心会 倉永病院、医療法人豊栄会 福岡豊栄会病院、一般社団法人 糸島医師会病院、社会医療法人青洲会 福岡青洲会病院、社会医療法人大成会 福岡記念病院
【佐賀県】
社会福祉法人若楠 若楠療育園
【大分県】
日田リハビリテーション病院
【鹿児島県】
公益財団法人慈愛会 徳之島病院
【奈良県】
医療法人良成会エリシオンクリニック 奈良リハビリテーション病院
【京都府】
社会福祉法人行風会 京都大原記念病院
【愛媛県】
医療法人青峰会 真網代くじらリハビリテーション病院
【神奈川県】
医療法人社団三喜会 鶴巻温泉病院
【千葉県】
医療法人社団ふけ会 富家千葉病院

▲Top

おすすめ授業紹介

作業工程技術学 基礎論

ph人間は、物を作る事を通して、生活をする上で必要な動作を身に付け、生きていくための自信を養うことができます。こういった活動を通して障害者の方にどういうものつくりを経験していただくか、を考える授業です。

認知障害作業療法学

phこの授業は、脳障害によって認知機能(考えたり判断したり行動を選択したりする能力)が低下した人たちへの作業療法を学びます。
写真は、認知機能低下の度合いを測定するための検査道具、道具の使用方法、検査方法などについて学んでいる様子です。


装具・副子適用論

ph手や足に障害が生じたとき、その働きを補ったり、痛みや変形を防止するために用いるのが、装具やスプリントという道具です。この授業では、ペアになった学生のスプリントを作成します。

精神障害作業療法学Ⅰ

ph精神障害を持つ方々の治療や援助・支援の仕方などを学ぶ授業です。
その中で、集団活動を通して精神の賦活や安定を図る治療を体験する為に、自分達で考えたゲームを実際にやっている所です。