理学療法学科

 >  >  理学療法学科

理学療法学科(昼間部)

理学療法士とは

授業風景1理学療法とは、病気、ケガ、高齢化などから障害を持つ人に対して、起きる、立つ、歩くといった基本動作の障害、筋力や持久力の低下、手足や関節の痛みなどを改善し、健康な状態に回復させることを言います。このような業務に関わる理学療法士は、病院などの医療機関のみならず、健康増進を目的とした保健分野、在宅訪問などの福祉分野など多岐にわたる場において、対象となる方々が生き生きと日常を過ごせるようにサポートする役割を担っています。

▲Top

国家試験合格率

国家試験合格率

▲Top

学科の特長

"臨床力"をどう育むかにこだわって教育しています。

授業風景2当学科はグループ力を活かして、1年次より臨床に出向いて実習を行います。
学んだ知識が実際の臨床場面でどのように活かされるのか、それぞれの科目で学んだ知識がどうつながっているのか、1年次から考える機会があります。日々の学習に取り組みながら臨床に出る準備が早期からできます。また知識や技術はもちろんですが、医療人としての態度やコミュニケーションスキルについても、入学直後から研修や科目の中で習得できるようになっています。

▲Top

年間スケジュール

スケジュール

▲Top

カリキュラム

基 礎 分 野
心理学、生物学、物理学、保健医療統計学、バイオメカニクス、情報処理、医学英語、コミュニケーション論Ⅰ・Ⅱ、健康科学
専 門 基 礎 分 野
解剖学、運動解剖学、生理学、運動学、運動学演習、人間発達学、病理学、臨床心理学概論、公衆衛生学、内科学、整形外科学、神経内科学、精神医学、小児科学、老年学、リハビリテーション概論、医療関連法規
専 門 分 野
理学療法概論、動作分析学、理学療法研究法、評価学概論、理学療法診断学Ⅰ~Ⅲ、運動療法学、物理療法学、生活技術学、義肢・装具学、義肢・装具学演習、神経系理学療法学Ⅰ~Ⅱ、運動系理学療法学Ⅰ~Ⅱ、呼吸・循環器系理学療法学、小児理学療法学、スポーツ理学療法学、生活環境学、福祉援助工学概論、地域理学療法学、地域理学療法学演習、評価実習、臨床実習

学習の流れ

1年次

1年次は、解剖学や生理学など人体の構造や機能を基礎から学習します。また並行して、理学療法を実践する上で必要となる運動学や運動解剖学、評価学などを学びます。夏期見学実習や学年末の検査測定実習に向けて、体験型の授業を多く取り入れることで障害の理解を深め、医療人としての態度を身につけます。

2年次

2年次では、さらに実践的な臨床医学や理学療法診断学及び治療学を学びます。PBL形式(問題基盤型)学習を取り入れ、グループワークやプレゼンテーションなどを通して積極的に発言する機会を設けています。学年末に3週間の評価実習があり、学内で習得した知識や基本的な評価技術を臨床の場で実践します。

3年次

4月の地域理学療法学実習では介護老人保健施設における理学療法士の役割を学びます。5月以降、9週間を2期、計18週間の臨床実習で、患者の障害像把握から具体的な治療実施までの理学療法プロセスを実践的に学びます。臨床実習終了後は、計画的に国家試験対策の模擬試験を組み込み、学生個々の能力に応じた学習方法を指導しながら合格を目指します。また、平成25年度より湯布院セミナーハウスで合宿を実施しています。

▲Top

時間割の例

1限目 2限目 3限目 4限目 5限目
9:00~10:30 10:40~12:10 13:00~14:30 14:40~16:10 16:20~17:50

1年次 前期

 
1限目 スポーツ
理学療法学
運動解剖学     理学療法
診断学I
 
2限目 スポーツ
理学療法学
運動解剖学 生理学 解剖学 理学療法
診断学I
バイオ
メカニクス
3限目 情報処理 評価学概論 生理学 コミュニケーション論I   バイオ
メカニクス
4限目 理学療法概論 評価学概論 リハビリ
テーション概論
コミュニケーション論I    
5限目       公衆衛生学    

1年次 後期

 
1限目 病理学   理学療法
診断学I
運動学    
2限目 人間発達学 解剖学 小児科学 運動学 臨床心理学
概論
生物学
3限目 老年学 物理学 医学英語 心理学 コミュニケーション論I  
4限目   生活環境学   運動療法学    
5限目   生活環境学   運動療法学    

2年次 前期

 
1限目 運動系
理学療法学I
  運動系
理学療法学Ⅱ
運動学演習 福祉援助
工学概論
精神医学
2限目 運動系
理学療法学I
義肢・装具学 運動系
理学療法学II
運動学演習 小児
理学療法学
 
3限目 物理療法学 義肢・装具学 理学療法
診断学II
  コミュニケーション論II  
4限目 物理療法学 神経内科学 理学療法
診断学II
整形外科学 コミュニケーション論II  
5限目       整形外科学    

2年次 後期

 
1限目 生活技術学 理学療法
診断学III
呼吸・循環器系
理学療法学
  動作分析学 精神医学
2限目 生活技術学 義肢・装具学
演習
呼吸・循環器系
理学療法学
  動作分析学  
3限目 神経系
理学療法学I
内科学 地域
理学療法学
義肢・装具学
演習
コミュニケーション論II  
4限目 神経系
理学療法学Ⅰ
  神経系
理学療法学II
整形外科学 保健医療
統計学
 
5限目       神経内科学 保健医療
統計学
 

▲Top

国家試験に向けての取り組み

1年次

入学直後から理学療法に必要な知識や技術を学ぶ科目が始まります。ノートのとり方や授業の受け方など基本的な学習スタイルの構築を図ります。解剖学・生理学・運動学など基礎の重要科目については、国試の出題数も多いため、国家試験の出題基準に応じて確認テストや補習を行い、医学的な基礎知識の基盤作りを行います。

2年次

臨床医学や理学療法診断学および治療学の科目が増え、授業の難易度は上がります。PBL形式(問題基盤型)学習を取り入れ、グループワークやプレゼンテーションなどを通して実践的な思考を育み、理学療法士としての専門的知識と技術の習得を目指します。

3年次

臨床実習終了後は、計画的に国家試験対策に切り替え、早期から特別講義や模擬試験を組み込んでいます。少人数制のグループ学習や学生個々の能力に応じた学習方法を指導しながら弱点部分を克服し、合格を目指します。

授業風景3

授業風景4

▲Top

卒業生の声

理学療法士
既卒者
理学療法士になるまで
  • 4年制大学卒業
  • 出版社へ勤務、退職
  • 福岡国際医療福祉学院 理学療法学科入学、卒業
  • 理学療法士として、医療法人恵真会 渡辺整形外科病院勤務

大学卒業後は、出版社の営業として官公庁を担当、人と接する仕事でやりがいを感じていましたが、一方で、もやもやした気持ちがずっとありました。そのため、30歳を目前にした時「生涯、自分がやり遂げる仕事は何だろう」と思うようになりました。

学生時代、10年間に渡って陸上を続けましたが、靭帯にケガをした事もあって身体や筋肉の動きに興味をもちました。そのような事から、医療の世界で社会に貢献して、自分を高めて行きたいという考えに至りました。その後はすぐ行動し、7月には仕事を辞めると決意、学院のオープンキャンパスに参加したところ、施設や実習の機材が充実している点にひかれ、10月にはAO入試を受験していました。

既卒者 入学後はこれまでの人生で一番と言っていいほど勉強しました。1日の大半を勉強で費やし、毎日夜中の2、3時までやっていましたが、興味のある疾患について学ぶことができたので充実していました。

今は、患者さんの立場に立って傾聴し、自分本位の考えをしないよう意識して仕事をしています。同じ疾患でも人によって問題点が違い、改善すべき点が様々なので答えが一つでないところがやりがいにつながっています。

▲Top

理学療法士
既卒者
理学療法士になるまで
  • 高校卒業
  • 一般企業へ勤務、退職
  • 福岡国際医療福祉学院 理学療法学科入学、卒業
  • 理学療法士として、社会医療法人 製鉄記念八幡病院勤務

高校卒業後、愛知県で自動車関連のメーカーの生産管理に関する仕事に携わっていました。デスクワークでしたが人と接する事が多くやりがいもあり、もっと人と接する仕事がしたいと思うこともありました。

そんな時、東日本大震災が起こり、生産ラインが止まることになりました。困っている人のために何かできないか。そんなことを考えるようになりました。結局、1年をかけて将来の仕事について考えました。そしてたどり着いたのが理学療法士という仕事でした。決めてからはすぐ行動し、翌年2月には学院のオープンキャンパスに参加し、入学試験を受けました。

既卒者 入学後はアルバイトもしましたので計画的に勉強するよう心がけました。国家試験に合格した時は本当に嬉しかったです。

現在勤務している病院は、歴史もありスタッフにも大変恵まれています。しかし、理学療法士の仕事は、患者さんの人生や今後の生活を左右すると思うと、責任も重大です。医師や看護師と情報を共有しながら、患者さんのモチベーションがより高められるような対応をして、日々取り組んでいきたいと思います。

▲Top

就職実績&データ

就職率 (新卒のみ)

平成13年開校以来、就職希望者の就職率は100%!

卒業生の主な就職先

【福岡県】
石津病院、医療法人永寿会 シーサイド病院、医療法人かぶとやま会 久留米リハビリテーション病院、医療法人共和会 小倉リハビリテーション病院、医療法人健貢会 中山整形外科、医療法人志誠会 木村整形外科医院、医療法人社団 シマダ嶋田病院、医療法人社団高邦会 高木病院、医療法人社団日晴会 久恒病院、医療法人せいわ会 聖和記念病院、医療法人寺沢病院、医療法人同信会 福岡整形外科病院、医療法人友愛会 友田病院、医療法人三井会 神代病院、医療法人恵真会 渡辺整形外科病院、医療法人柳育会 八女リハビリテーション病院、介護老人保健施設M・T奈多ケア院、介護老人保健施設サンライズ壱岐、株式会社麻生 飯塚病院、桑原整形外科医院、社会医療法人青洲会福岡青洲会病院、社会医療法人製鉄記念八幡病院、社会医療法人関愛会 佐賀関病院、進藤整形外科クリニック、通所介護ライズ、つくし会病院、博愛病院、波多江外科、星子ひさし整形外科、ユニタ整形外科・形成外科クリニック、老人保健施設湯の里まとば、医療法人さいとう&さめしまクリニック、医療法人社団高邦会 柳川リハビリテーション病院
【佐賀県】
医療法人敬天堂 古賀病院、医療法人尽心会 百武整形外科、特定医療法人祐愛会 織田病院
【長崎県】
医療法人協生会 品川病院、医療法人白十字会
【熊本県】
医療法人善哉会山田クリニック
【宮崎県】
独立行政法人地域医療機能推進機構 宮崎江南病院
【鹿児島県】
医療法人健康会 霧島記念病院
【山口県】
医療法人博愛会 宇部記念病院、医療法人和同会 宇部西リハビリテーション病院、社会福祉法人恒和会
【広島県】
医療法人和同会 パークヒル病院
【愛知県】
医療法人青峰会 真網代くじらリハビリテーション病院
【千葉県】
季みの森リハビリテーション病院

▲Top

おすすめ授業紹介

スポーツ理学療法学

phスポーツ時に生じやすい外傷(怪我)や、その応急処置法、慢性的なスポーツ障害の対応や予防などを学びます。 また、車椅子バスケットなど障害者が行うスポーツについて体験を通して学びます。

理学療法診断学Ⅰ

ph自分もしくは友人の身体を使いながら、各評価方法を学ぶ実技中心の授業です。骨配列、筋肉の付着している場所、運動方向、支配神経を理解し、筋・骨格系の評価方法と中枢神経と末梢神経などを理解し、神経系の評価方法の習得を目指します。


物理療法学

理学療法の二本柱のうちの一つである物理療法について、水や光線などを利用した複数の治療法について学習します。それぞれの治療法の目的や生理学的効果を明らかにし、正しく実施できるよう習得します。授業の総仕上げとして、実習病院で物理療法を実施することを経験します。

小児理学療法学

ph脳性麻痺など小児疾患に対する理学療法を学びます。疾患の勉強に加え、人間の発達を考慮した理学療法を考えていきます。実際に、脳性麻痺の方に来ていただいて身体機能面や生活面についてお話を伺ったり、その方の車椅子を体験するような時間もあります。