在校生メッセージ

 > 受験生の皆様へ

在校生メッセージ

理学療法学科

理学療法学科 森 優太さん
福岡県・福岡舞鶴高校卒業

医療に従事している家族がおり、医療職について話を聞く中で自分にあっていると感じ理学療法士を目指すようになりました。毎日の講義についていくのに必死ですが、日々の授業で先生方がとても親身になって教えてくださいます。学校を選ぶときは実際に足を運んで学校の空気にふれ、いろんな人の話を聞いてみるといいと思います。私もオープンキャンパスで学院での生活をイメージし入学を決めました。



理学療法学科 古藤 礼華さん
福岡県・筑紫中央高校卒業

自分自身がけがをして理学療法士と接する機会が多くなるにつれて憧れるようになりました。この学院を選んだのは、修業年数が3年と短く、通学に便利で、隣接している福岡山王病院をはじめ系列の施設が多数あるからです。また、多くの科目が組み込まれているので、その分多くの知識を得ることができます。学校選びに迷ったら、実際に通っている人の意見などを参考にするといいと思います。


作業療法学科

作業療法学科 向井 詩織さん
鹿児島県・鹿屋高校卒業

地元を離れ福岡で作業療法士を目指そうと考えた時、学院の周辺の環境の良さや国家試験の合格率と就職率が高いことが魅力でこの学院を選びました。学院はサークル活動も盛んで、私が所属しているボランティアサークルではいろんな人との出会いがあり、作業療法士としてはもちろんのこと、人として大切なコミュニケーション能力を高めることができ、自分自身の成長のためにも積極的に参加しています。



作業療法学科 元木 萌香さん
福岡県・福岡工業高校卒業

作業療法士として医療の現場で働く人の姿を見て興味をもち、作業を介してリハビリを行うことは、ものづくりや接客が好きな私にとても合っている職業だと感じ、作業療法士を志しました。先輩との交流が多く、貴重な話をたくさん聞くことができるのがこの学科の良さだと感じています。特に、入学してすぐに行われる湯布院での研修では、先輩との交流の中で学生生活への不安を和らげることができました。


視機能療法学科

視機能療法学科 上園 慧さん
鹿児島県・国分高校卒業

一人当たりの求人が多く今後需要が高まっていくと思い、視能訓練士を目指しました。学院は就職率が100%で施設も充実しているところに特に魅力を感じました。先生も優しく、実習で分からないところがあっても、とても分かりやすく教えてくださいます。ホームページなどで他の学校とも比べながら、ぜひ自分に向いていると思える学校を選んでください。



視機能療法学科 美土路 佳織さん

自身の社会人経験から専門知識を持って働くことは大きな強みであり、これからの自分に必要だと感じ、改めて学校に通うことを決めました。一度は他の医療職を考えましたが、知人のアドバイスも受け、希少価値で求人の多い視能訓練士を目指すことにしました。学院には5学科あるので、クラスメートだけでなく他学科の方たちが真剣に勉強に取り組む姿もいい刺激になっています。


看護学科

看護学科 大島 弥法さん
福岡県・筑紫女学園高校卒業

人のお世話をすることが好きで、命に携わる仕事がしたいと思い看護師を目指しました。学内の施設や演習での設備が充実しているので臨床にでたときのイメージがしやすいだけでなく、近くに市立総合図書館や博物館があり周辺環境も充実していて、勉強するのにとてもいい環境なので、この学校にしてよかったと実感しています。



看護学科 守屋 美咲さん

学校を決める時に大学と専門学校と迷いましたが早く働きたかったので専門学校を選びました。この学院にしたのは、交通の便がよく実家から通うことができることと、実習環境が整っているからです。高校までの学習と違い、自分が将来の目標とするものを学んでいくことはとても楽しいです。初めての実習では分からないことだらけでしたが、同じ目標をもつメンバーと協力しあうことで頑張ることができました。ぜひ一緒に医療の道にすすみましょう!


言語聴覚学科

言語聴覚学科 井手 桜子さん
福岡県・久留米大学卒業

祖父の入院をきっかけに言語聴覚士の仕事を実際にみる場面に出会い、祖父の回復だけでなく、それと同時に祖母まで元気になっていく姿をみてこの仕事に惹かれ、学院の立地と、2年間で受験資格を得ることができることからこの学院を選択しました。実技試験などでは、クラスメートと協力しながら対策を考えたり練習をしたりしています。クラスには社会人経験のある方も多いので、勉強以外の面でも学ぶことが多いです。



言語聴覚学科 安永 真一さん
福岡県・福岡大学卒業

コミュニケーションを専門に扱うセラピストに関心があり、一生の仕事としてやりがいがある仕事だと感じ、言語聴覚士を目指しました。学校選びも大切ですが、何より医療の世界を目指す土台が自分にできているかがとても大切だと思います。入学する前に実際に病気や障がいで困っている方々と直接接する機会があると土台にもなりますし、その後の勉強にも役立つと思います。